Art in September(日本語版)

Click here for the English version:

http://englishvillage.jp/blog/2018/10/16/art-in-september/

絵には多くの種類があります。
何かを表現している絵、私たちを笑わせる絵や、動くものもあります。スケッチ、いたずら書き、グラフ…。

また、アートには多くの形があります。
コミックス、料理、ダンス、映画、園芸、版画、
詩、あやつり人形、彫刻…

他にはどんなものが思いつきますか?

アートの根底にある何かを探す―頭の中の考えに命を吹き込むクリエイティブプロセスです。*
フランケンシュタイン博士のように。

英語村初のアートコースでは、アートで“センテンス(文)”を作ります。そのために、様々な素材や技術を用いてセンテンスの基本的な要素を探求し、形を与えていきます。

あなたの作品の“主語”は誰ですか?
動詞はなんですか?
どこで?誰と何をしますか?

初めの4レッスンでは、線と点を探求し、それらを使っていろいろなものを描きます。
顔の特徴について学び、線と点を使ってどうやって描くかを学びます。

そして、“主語”/“キャラクター”に色を塗るため、色や、それらを混ぜることを学び、“主語”に名前も付けます。

次は、”主語”の好みを調べます―何が好きで、何をするのか

お楽しみに。

*描くもの、アートの形、人々の数だけ違った命の吹き込み方があります。

Art in September(英語版)

日本語バージョンはこちら:

http://englishvillage.jp/blog/2018/10/16/art-in-september-japanese/

There are many kinds of drawings:
drawings that explain things
drawings that instruct how to assemble objects
drawings that make us laugh
and even some that move.
Sketches, doodles, graphs.

There are many kinds of art forms:
ceramics, comics, dance, film, horticulture, printing, pottery, puppetry, sculpture…
Can you think of more?

We, are going to investigate something that underlies it all – the creative process (of making),
of bringing our thoughts to life into the world.*
Like Frankenstein.

For our very first art course at Tokushima English Village,
we will shape and give form to a sentence by exploring its basic elements through different materials and techniques.
Who will be the subject of your work?
What action will they carry out?
Where? With who or what?

During the first four session, we have been exploring lines and dots, and the different things we can make and draw with them.
We’ve learned about the features of the face and how they can come together through lines and dots to make a portrait.
And at last, we’ve been learning about colors and mixing them to paint our subjects/characters – we’ve even given them names.
Next, we will investigate their preferences – what they like and what they do.
Stay tuned.

* There are as many ways of bringing things to life as there are kinds of drawings, art forms and people.

Cooking in September (英語版)

日本語バージョンはこちら:

https://englishvillage.jp/blog/2018/10/04/cooking-in-september-2/

Hi everyone, I’m really excited about this year’s cooking course.

Here is a quick summary of what we did in September. Many of our project oriented courses begin with a goal; the goal of the cooking class is for students to open and manage a small cafe for their family and friends. Of course, this will be done in English! In our cafe, we will serve some simple drinks, snacks and desserts.

The first third of the cooking class is devoted mostly to learning vocabulary that will be helpful in the kitchen. Without a solid foundation of vocabulary it is very difficult to understand or replicate any recipes. The vocabulary includes appliances, locations in the kitchen, words to describe flavor, common ingredients, and useful verbs.

With this foundation, we started by sampling some different foods and describing their flavor. Is ketchup sweet? Is it sour? What about mayonnaise? Over the next several weeks we made some basic food and drinks. Making pancakes was a good way to learn how to follow a recipe and find ingredients in the kitchen. Through mixing drinks we practiced measuring ingredients and in some cases converting quantities (for example, ounces to mL). 

Although we’re not doing any serious cooking right now, the students have been very involved and seem keen to put on their aprons and get messy. I’m excited about next month, where we will try some slightly more complex recipes, including bread and cookies. See you then!

Cooking in September (日本語版)

Click here for the English version:

https://englishvillage.jp/blog/2018/10/09/cooking-in-september/

さて、みなさん。いよいよクッキングコースが始まりました。私も毎回楽しみです。

では、9月のクッキングコースについてご紹介します。

英語村のプロジェクトコースにはゴールがあり、クッキングコースのゴールは、「家族や友達のための小さなカフェをオープンして運営しよう」です。もちろん、このプロジェクトはすべて英語でおこないます。わたしたちのカフェでは、簡単な飲み物、スナックやデザートをお出しします。

クッキングコースでははじめの15分ほどをキッチンでよく使うボキャブラリーを学ぶ時間にしています。きちんとした単語の基礎がないと、レシピを理解して再現するのはとても難しいからです。単語は、電化製品、キッチンにあるもの、味を表す単語や、よくある材料、よく使う動詞などを紹介します。

これをベースに、まず、いろいろな食べ物を味見してその味を表現しました。ケチャップは“Sweet”か”Sour”か。マヨネーズは?など。

次はベーシックな食べ物や飲み物を作りました。パンケーキを作るレッスンは、レシピに従って作ることや、キッチンで材料を見つけることを学べる良い機会となりました。また、実際にミックスしてドリンクを作ることを通して、材料を計ったり、数量の表現を学んだりしました。

まだ難しい調理はしていませんが、生徒はエプロンをつけて、集中して参加してくれています。パンやクッキーなど、もう少し難しいレシピにトライする来月が待ち遠しいです。 では、また。

 

This Month in Programming (日本語版)

Click here for the English version:

https://englishvillage.jp/blog/2018/09/22/this-month-in-programming/

Session 1

まずスクラッチの紹介から、2018年秋のプログラミングコースがスタートしました。(スクラッチについて:Scratch programming environment.)いろいろなオンライン・オフラインの素材を用いて「クリエイティブ・コンピューティング」をコンセプトに、生徒が自分自身のアプリを作成するために必要な技術を学びます。

スクラッチでは、自分でインタラクティブなストーリー、ゲーム、アニメーションをプログラムできます。また、オンラインのコミュニティーで自分の作品を他の人と共有することもできます。

スクラッチは、21世紀に大切なスキルであるクリエイティブで論理的な思考を学び、他者と協働することを子供が学ぶ手助けになります。

スクラッチは、MIT Media Lab.のthe Lifelong Kindergarten Groupが無料で提供しているプログラムです。

https://scratch.mit.edu/about

自分のアプリを作成し始める前に、スクラッチのアカウントを取得する必要があります。アカウントを取得すると、セッションで作成したものをセーブすることができます。お手続きがまだの場合は、英語村のスクラッチアカウント取得同意書にご記入の上、ご提出ください。

今週のセッションで学んだボキャブラリーと構成は下記の通りです:

  • First, …
  • Then, …
  • Next, …
  • Last, …
  • go forward
  • turn right
  • turn left
  • when [ green flag ] clicked
  • move [   ] steps
  • point in direction [   ]
    • up [ 0 degrees ]
    • down [ 180 degrees ]
    • left [ 90 degrees ]
    • right [ -90 degrees ]
    • repeat [   ] times    

Session 2

ウォーミングアップに、“ペーパープログラミング”をおこないました。生徒がキャラクターをガイドしてレゴ迷路を抜けるというもので、このアクティビティにはResearch Parent – Coding a LEGO Maze.のアイデアと素材を使用しました。 おもしろいので、ご家庭でもぜひお子様とやってみてください。プログラミングの基礎と英語を同時に学習できます。

今週のセッションのメインは「安全なユーザーネームとパスワードでスクラッチのアカウント登録をする」ということでした。非常にベーシックなことのように思われますが、安全なユーザーネームとパスワードを選ぶことはとても大事なスキルです。今週はほとんどの時間をユーザーネームとパスワードを作成することに費やしました。その後実際にスクラッチのサイトでアカウントを登録しました。各生徒のアカウント情報は英語村で保管し、お子様にもコピーを持って帰ってもらっています。また、アカウントはすべて英語村のEメールアドレスで登録していますが、もしご家庭でアカウントの管理をされたい場合は、ご連絡ください。

今週のセッションで学んだボキャブラリーと構成は下記の通りです:

  • username
  • password
  • email
  • safe
  • secure
  • personal information
  • register
  • type
  • login

Session 3

自分のアプリを作成するという最終ゴールへ向かって、プログラムの様々なパーツをコントロールすることについて学習しました。スクリーンに表示される個々の要素は“sprite”と呼ばれます。spriteは生徒がコントロールシステムをつくらなければ、動かすこともユーザーの操作に応じることもできません。最も基本的なコントロールの設定は、上下左右の矢印キーを使ってspriteをその方向へ動かすというものです。基本的な動きをさせるための非常にシンプルなコントロール設定は、下記のリンクよりご参照ください。

https://scratch.mit.edu/projects/247836955/

ハイレベルのクラスでは、forever ブロックとifを使って、よりスムーズな動きを学習します。switch costumeブロックを採用することでspriteの動きをはるかに向上させることができ、異なるcostumeを作成し違った方向へ動かすこともできるようになります。

下記は上級の制御スキームの例です。

https://scratch.mit.edu/projects/247837342/

今週のセッションで学んだボキャブラリーと構成は下記の通りです:

  • when [   ] key pressed
    • up arrow
    • down arrow
    • left arrow
    • right arrow
  • repeat [   ]
  • switch costume to [   ]
  • forever
  • if [   ]
    • key [   ] pressed? then
      • up arrow
      • down arrow
      • left arrow
      • right arrow

Open Computer Lab 

木曜日の午後3時から4時30分の間、下記の使用目的に限り、コンピューターラボを英語村の生徒に開放します。

  • スクラッチのプロジェクト
  • Typing Clubを使ったタイピング練習
  • Let’s Go やOxford Discover シリーズのオンライン練習 Online Practice

Happy programming!

Cooking Class

今日はあいにくの雨ですね。でも、少し雨に濡れてても、今日も生徒さんたちはみんな元気でした!雨の中、英語村にきてくれてありがとうございました。

さて、本日は、英語村のレッスンをちょっとご紹介したいと思います。

私がいるのは1階なのですが、今もまだバターのとってもいいにおいがしています。

今日は同じく1階にあるキッチンでChris先生のクラスがパンケーキを作っていました。プロジェクトコースの「Cooking」ですね。大きな白い壁にプロジェクターでパンケーキの写真と英語のレシピが映し出されました。(このレシピ、ヒロキ先生のレシピだそうです!)ひととおり材料やレシピについての英語を練習したあと、いよいよCooking。生徒さんたちは一生懸命レシピどおりに材料を計っていましたよ。そして、なんと、できあがったパンケーキを私にもおすそ分けしてくれました!

「 We made Pancakes. This is for you!」

と、みんなで持ってきてくれました!

もちろん、とってもおいしかったです!!大成功!!!

Sooooooo Good!!!

ごちそうさまでした!

食べ終わったら、きちんとみんなで後片付けもしてくれましたよ。

ほんとに楽しそうで、私も一緒に作りたかったです。

料理はヘタなんですが…(笑)

Cookingコースでは、コースの最後に保護者の方を招待してカフェを開くそうですよ。このパンケーキもメニューにあるかな?

Cookingコースの生徒さんの保護者様、招待状を受け取ったら、ぜひ、ご参加くださいね。お待ちしております!

This Month in Programming (英語版)

日本語バージョンはこちら:

https://englishvillage.jp/blog/2018/09/28/programming

Session 1

We started off the Autumn 2018 Programming course with an introduction to the Scratch programming environment. We will be using Scratch along with various other offline and online resources to explore a concept called “creative computing” and develop the skills necessary for students to make their own app.

With Scratch, you can program your own interactive stories, games, and animations — and share your creations with others in the online community.

Scratch helps young people learn to think creatively, reason systematically, and work collaboratively — essential skills for life in the 21st century.

Scratch is a project of the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab. It is provided free of charge.

https://scratch.mit.edu/about

Before we can begin developing our own apps, it is necessary for us to register a Scratch account so we can save our work between sessions. If you haven’t already, please be sure to fill out and return the Scratch account permission slip to English Village.

In this week’s session we covered the following vocabulary and structures:

  • First, …
  • Then, …
  • Next, …
  • Last, …
  • go forward
  • turn right
  • turn left
  • when [ green flag ] clicked
  • move [   ] steps
  • point in direction [   ]
    • up [ 0 degrees ]
    • down [ 180 degrees ]
    • left [ 90 degrees ]
    • right [ -90 degrees ]
  • repeat [   ] times

Session 2

We warmed up with a fun “paper programming” lesson where students guided a character through a LEGO maze. The idea and resources for this activity came from Research Parent – Coding a LEGO Maze. Please, take a look and try it with your children at home. It’s a great way to learn basic programming skills and English at the same time.

The main focus of this week’s session was to create a Scratch account with a safe and secure username and password. It may seem quite basic, but learning how to select a safe username and a secure password is a very important skill. We spent most of this week’s session talking about creating usernames/passwords and then actually registering an account on the Scratch site. We will keep a copy of the paper-based account information and send a copy home with your child. The accounts are all registered to the English Village email address, but if you would like to take control of the account at any time, please let us know and we will hand it over to you.

In this week’s session we covered the following vocabulary and structures:

  • username
  • password
  • email
  • safe
  • secure
  • personal information
  • register
  • type
  • login

Session 3

In moving toward our final goal of creating an app, we introduced the concept of controlling the various parts of our program. Each element displayed on the screen is called a sprite. Sprites cannot move or interact with the user unless the students build a system of controls. The most basic set of controls uses the up, down, left and right arrow keys to move the sprite in the corresponding direction. Here is an example of a very simple control setup that will allow for basic movement.

https://scratch.mit.edu/projects/247836955/

For higher level students we will introduce smoother motion using the forever block and if statements. We can further improve the motion of the sprite by introducing the switch costume block and create different costumes to display for motion in different direction.

Here is an example of a more advanced control scheme:

https://scratch.mit.edu/projects/247837342/

In this week’s session we covered the following vocabulary and structures:

  • when [   ] key pressed
    • up arrow
    • down arrow
    • left arrow
    • right arrow
  • repeat [   ]
  • switch costume to [   ]
  • forever
  • if [   ]
    • key [   ] pressed? then
      • up arrow
      • down arrow
      • left arrow
      • right arrow

Open Computer Lab

We are starting open computer lab hours every Thursday afternoon from 15:00 ~ 16:30. You can drop by during that time and use the computer lab for the following activities:

  • working on your Scratch project
  • practicing your typing skills using Typing Club
  • doing Online Practice from the Let’s Go or Oxford Discover series

Happy programming!